悠希会 藤原琥山 
闘病日記コンセプト西式甲田療法Bio-G自己紹介問合せ

自己紹介

発病したとき

1回目の入院

2回目の入院

3回目の入院

4回目の入院

5回目の入院

近況

処方暦

どうして病気になったのか

どうして病気を克服したのか

緩解に至った私の見解

ステロイドに思うこと

どうして体質改善なのか

体質改善の心構え

潰瘍性大腸炎
平成9年11月発病
   
潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎

サラゾピリンでよくなるがすぐに薬疹が出て飲めなくなる。ペンタサに切り替えるがペンタサは全く効かなかった。

このとき薬学受験を決意し受験勉強開始。

 
薬学に合格する。
潰瘍性大腸炎
病状は全くよくならなかったですが、薬学に通うために退院しました。
   
潰瘍性大腸炎
   

潰瘍性大腸炎

甲田療法
西式甲田療法  
西式健康法

 

bio-g
bio-g  
 

 

平成13年Bio-Gの顧問のドクターから衝撃の話を聞かされる。大量ステロイド投与の治療と併用して1時間に1本のペースでBio-Gを飲ませると改善するというのです。

正直、僕も今すぐやってみたいと思った。

しかし、今はできない。なぜなら、前回の大量ステロイド療法による副作用で大腿骨頭壊死の症状がでていたからだ。もし今、大量ステロイド療法を行えば大腿骨頭壊死が進行する恐れがある。だから残念ながらその時はできなかった。

bio-g

潰瘍性大腸炎

●結局私の場合はどうして克服できたのか。

最初に全く効果の無かったステロイドが2年半の甲田療法とBio-Gによる体質改善と入院中のBio-Gのおかげで、効くようになったからでした。

●ただ人によって違います。

甲田療法だけでよくなる方もいました。

Bio-Gだけでよくなる方もいました。

ステロイドだけでよくなる方もいるでしょう。

私の場合は甲田療法とBio-Gと現代医学の3つでよくなりました。

●現代医学だけではだめだと思います。

ステロイドが効くからといってステロイドに依存していると、いつまでもステロイドを続けないといけなくなり、またステロイドの効き目も弱くなってきて、徐々にステロイドの量も上げざるを得なくなって、いつまでもステロイドが切れなくなったり、いづれはステロイド自体が効かなくなったりする方もいるようです。

そうなる前に、ステロイドが効いている間に、体質改善をすることで、ステロイドを切っても症状が出ない体をつくるべきだと思います。

現代医学が効く間に現代医学と並行して甲田療法やBio-Gによる体質改善をすることが大事だと思います。

●私が救われたように、みんなが救われますように。

甲田先生との出会いもBio-Gとの出会いもたまたま偶然でした。この偶然がなれば今の私はなかったです。私はこの偶然の出会いに本当に恵まれていました。だから、私はこの体験を皆様にお伝えしようと思いこのホームページを作りました